Interview No.15 マネーアイマイスター 岡 真砂子 さん


ファイナンシャルプランナー 岡 真砂子 さん

医療系からFPへ。
ジャンルは全く異なるけれど、彼女の信念はぶれません。
少しでも悲しい気持ちを抱える人が少なくなるために、その時の自分が出せる力を全力で出し切ります。
そんな彼女のお仕事への思いをお聞きしました


FPを目指した理由を教えてください。

家族の病歴から医療の発展に貢献したいという想いと、
臨床的な医療知識を身に着けたいという想いから、希望の職であった治験コーディネーターとして働いていました。

たくさんの医療知識をもったことで、医療で悲しむ人が少なくなるように、
人生を一緒に歩んでいける相談役のような仕事がしたいという気持ちが芽生えました。

ちょうどその時、社会人なのに自分のお金の知識が全くなく、
このままではまずいと思ったことからFP資格取得の勉強をしていたところでした。


資格の勉強をしていくにつれ、
本来あるべき姿のFPは「人生を一緒に歩んでいける相談役」そのものであったため、
これからFPとして生きていくことを決めました。

お仕事への想いを聞かせてください。

人生を豊かに生きるためのベースづくりのお手伝いがしたいです。

私の中でお金と医療の知識は生きていくために最低限必要なものです。

「お金」は特に誰に相談するかが大切で、将来のリスクを早めに予防していくことが重要だと思っています。

師匠である小川和哉が提唱してきた「心の底からお客様のために」を実行していきます。

imeisterになって良かったと思う時はどんな時ですか?

基本的にNGがなく、ノルマもありません。

心の底からお客様のためになることであれば代表からOKがでます。

私は若い世代が夢をみつける・叶えるためのサポートとして就活サポートも自分のメニューとして提供していきます。

200

岡 真砂子 さんのプロフィールはこちら